りビルトした小ごしきに合わせて、窯のメインテナンスを行いました。小窯は吟醸の仕込みや少量の「蒸し」の時にしか使わないので、大窯に比べると消耗頻度は少ないのですが、火力が無駄なく蒸気の発生につながるように手をかけてやります。