今回の騒動で分かったことは大震災の時も感じましたが、「すべて平常あってこそ…」ということ。白老が会社になって以来の低迷する売上の中、お買求め頂けるすべてのお客様に感謝してもしきれません。本当にありがとうございます。

出荷が少なくなった蔵では今まであまり手を付けていなかった倉庫の清掃を行ったところ、明治大正昭和時代の文献や昭和30年代頃のノベルティなどが沢山、発掘されました。

中でも面白かったのは白老のキャラクター「たぬき」をモチーフにしたグッズ。

常滑は招き猫の街なのに、なぜたぬき?と疑問も生まれましたが、聴くところによると今、酒蔵がある古場町だけでも8軒の酒蔵がある激戦区。なので「他を抜く→たをぬく→たぬき」だったそうです。その中から初見のデザインのマッチを発見しました。

脱力系のイラストは正に今、この瞬間に使いたいと思い、夏ギフトのおすすめセットの商品のラベルに使用しています。よろしければご利用ください。

澤田英敏/兵庫県姫路市出身。ヘヴィメタルとパンクロックをこよなく愛する婿です。