これを書いている時点(2月27日)と、皆様のお手元に届く時とかなりのタイムラグがあるので、時期ネタはあまり書きたくないのですが、やはり新型コロナウイルスと酒蔵開放、外せません。せっかくお越し頂いた方々に感染させてしまったら申し訳ない、では済まされないので、やるかやらないか迷いに迷いました。できる限りのことはする、危険をできる限り減らす、ということで腹を決め内容をかなり変更して開催いたしましたが、32回の酒蔵開放でこれほど悩んだことはありません。初日は久々の雨にたたられたこともあり半分以下に来場者が減るかもと覚悟しましたが、ふたを開けてみれば毎年来られる方々はじめ大勢の方の笑顔、やってよかったと正直ほっとしました。ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。また、残念ながら来れなかったけれど励ましの連絡を下さった皆様にも深く感謝申し上げます。

終わってみれば、かなり来場者数は減りましたが、結果的にはゆっくり見て、ゆっくり試飲していただけたのではないかと思います。急遽の変更に伴うご不便、ご迷惑も多々おかけしましたがどうかお許しください。これからも楽しい企画を考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。

世の中まったく何がおこるかわかりませんが、この騒ぎが早く収束して楽しい春が来てほしいものです。

澤田 研一