いささか早すぎる春の訪れの中ですが、我が家の食卓では新わかめや生海苔などの地元の食材を白老とともに楽しみました。今年は、季節外れのイワシが大量に豊浜にきたということで、家族で釣りにも行き、美味しく頂きました。

このたび、令和2年2月22日・23日に第32回酒蔵開放を無事に開催させていただきました。ご来場くださいましたお客様、ご協力ご支援を賜りました関係者様には心より深く御礼申し上げます。今年は、コロナウイルスの感染拡大防止の為の規模の縮小、一部企画の取りやめ等、急な変更も受け入れていただきありがとうございました。やむなくご来場を控えられたというお客様の声も多く届いております。今回は特別な事情ということもあり、来場者数が大幅に少なくなりました。そのため、酒蔵開放限定でご用意したお酒が沢山残ってしまいました。そこで、今号では特別に、通常の季節のお酒のご案内とともに、酒蔵開放限定品のご紹介をさせていただきたいと思います。来場を見送られたお客様、再度リピートのお客様も大歓迎でございます。どうか助けていただけませんでしょうか。(来年は、第33回 酒蔵開放を令和3年2月27日・28日の土日に開催することを予定しております。)

今年の酒造りは、杜氏や蔵人の努力も実り順調に終盤を迎えております。新酒の「夢吟香純米吟醸生酒」「千本錦純米吟醸生酒」がおすすめです。また、昨年燗酒コンテスト最高金賞を受賞した「豊醸」も春の発売を行います。初しぼりの火入れ酒「白老原酒」も根強い人気。春のイベント情報は、現段階での情報です。今後予定が変更になることもございますのでHPやFacebookページなどで詳細はお確かめください。

それでは、今号のお酒もどうぞよろしくお願いいたします。

澤田酒造株式会社 澤田 薫 

【左】「国産チーズと白老のペアリングコーナー」
酒蔵開放初企画を大成功に導いて下さった皆さん。
国産チーズプロモーターの雨田さん(中央左)
チーズ工房千の柴田さん(中央右)

【右】今年2回目となる「酒蔵開放英語ツアー」。20名の外国の方に酒蔵の雰囲気やお酒を楽しんでいただきました。